給油

エッソ・モービル・ゼネラルのサービスステーションは、セルフサービスステーションとフルサービスステーションの2つのタイプがあります。

セルフサービスステーション
フルサービスステーション

「早くて簡単、きれい」がコンセプトのセルフサービスブランド「エクスプレス」。入りやすいレイアウトで、快適な給油を可能にします。

給油だけでなく、洗車からカーケアまで、スタッフが細やかに対応。プロフェッショナルが丁寧に対応するため、愛車を安心して任せることができます。

エッソ・モービル・ゼネラルの製品について

厳格な基準をクリアした、高品質ガソリン。

エッソ・モービル・ゼネラルでは、シナジーブランドの自動車用燃料油を販売しています。ラインナップは「シナジー F-1」、「シナジー レギュラー」「シナジー ディーゼル(軽油)」の3種。シナジーとは、高い品質基準をクリアしたしるしです。

シナジー F-1(ハイオクタンガソリン)

合成清浄剤を配合、エンジンをクリーンに保ちパワフルに。オクタン価100。

シナジー F-1(ハイオクタンガソリン)

エンジンをクリーンに。

合成清浄剤を添加しており、カーボンの汚れなどがエンジン吸気系に付着しづらくなります。また合成清浄剤は、連続給油することにより、その効果が持続されます。

グンと伸びのある加速に。

吸気バルブにカーボンの汚れが堆積すると、混合気の流れが妨げられて加速性能が悪化します。シナジー F-1はそうしたエンジン内の汚れ付着を低減し、本来のパワーに近づけます。

燃費向上、環境保全に貢献。

エンジン内の汚れは空気とガソリンの燃焼状態を乱します。シナジー F-1でエンジンをきれいに保てば、有害な排出ガスの発生を抑えられるうえ燃費も向上。二酸化炭素の排出量削減と同時に、環境保全にも貢献します。

ハイオクトップレベルの走り。

ハイオクタンガソリンののJIS規格はオクタン価96以上ですが、シナジー F-1は国内最高値のオクタン価100。よりエンジンにやさしいガソリンを使うことで、運転性の向上などの効果が期待できます。

シナジーレギュラー(レギュラーガソリン)

走行性、経済性ともに優れた標準ガソリンです。オクタン価90。

シナジーディーゼル(軽油)

燃焼性、着火性に優れたディーゼルエンジン用軽油です。

Fuel System synergy 以外と知らない?豆知識

ハイオク【はいおく】

オクタン価の高いガソリンのことを、ハイオクタンガソリン、略してハイオクと呼びます。一部のスポーツカーや高級車などには、圧縮比の高いエンジンが採用されていますが、そのようなエンジンは負荷がかかりやすいため、ハイオクを使用しています。もちろん、圧縮比の低いエンジンに使用しても、何ら問題ありません。

オクタン価【おくたん-か】

エンジンへの負荷を示す指標。オクタン価が高いほどエンジンへの負荷が軽く、安定して走行できます。オクタン価の低いガソリンはエンジンの損傷を引き起こすおそれがあるうえ、異常燃焼により排ガスの悪化も生じるため、自動車用ガソリンのオクタン価については日本工業規格(JIS)で下限値が設定されています。

軽油【けいゆ】

ガソリンと軽油はともに原油を蒸留することで作られますが、軽油はディーゼルエンジン用の燃料であり、ガソリンエンジンには使用できません。また、軽油にはワックスが含まれているため、油の温度が低下するとそれが析出し燃料フィルタを閉塞させ、ついにはエンジン停止を引き起こすことがあります。そのため、エッソ・モービル・ゼネラルでは季節に合わせてワックス量を調整し、それぞれの地方・季節に合わせた軽油を販売しています。

  • ホーム
  • サービスステーション : 給油